一眼レフは常に絞り優先(A・Av)モードでOK?ボケ味を操れるAモードって何だ?【カメラ初心者〜上級者にも】

皆さんは普段一眼レフでの撮影時、どのモードを多く利用されているでしょうか。

多くのカメラには

  • オートモード
  • プログラムオート
  • 絞り優先モード(A・Av)
  • シャッター優先モード(S・Tv)

以上のモードが搭載されています。
それぞれ撮影する被写体に合わせてモードを使い分けることが大事になるんですが、

その中でも絞り(F値)を設定し、写真のボケ具合を簡単に調整することができるモードが絞り優先(A・Av)モードです。
このモードを使うことで被写体を浮かび上がらせるようなボケ味、くっきりと隅々まで写したい風景写真まで幅広い撮影ができます。

オートモードでは撮影できないようなボッケボケな写真も自由自在に撮影することができるA・Avモード。
設定も簡単で初心者の1つ目のステップアップとしても非常にオススメです。

そんな、僕が常用しこよなく愛するA・Avモードを今回はご紹介!

絞り優先(A・Av)モードとはどんなモード?

A・Avモードは絞り、F値を撮影者で設定・コントロールできるモードです。
それ以外のSS・ISO感度等露出に関しては基本的にカメラが自動的に設定してくれます。

ちなみに、A・Avと表記しているのは、各メーカーで絞り優先モードの英語表記が異なるからですね。
キヤノンだけAvでそれ以外のメーカーはAが絞りモードと覚えて貰えればOKです。
ここから以下は僕はニコンを使っているのでAモードと表記していきます。

操作は基本的にダイヤルを回すだけ。

どうやってF値を変化させるのか?

オートモードを多く利用されていた初心者の方なんかは、
やけにボタンも多いカメラ、凄く難しい操作をイメージされる方も居るのではないでしょうか。
意外と、簡単です。

というのも基本的にどのカメラもどこかのダイヤルを回せばF値を変更させる事ができます。
僕の使用するD750なんかではAモードに設定したときはカメラ操作面右上のダイヤルを回せばF値を変更することができます。

その他多くのカメラでも同じような位置だったり、
最悪カメラにあるダイヤルをどれか回せばF値を変化させることができると思います。(笑)

絞り・F値をコントロールする

こんなボッケボケの写真も

 

これはAモードでF値を低く設定して撮影したものです。

被写体を浮かび上がらせたい。
主題を強調したい!

そんな時にはAモードでF値を低く(小さい数字)設定してあげるだけで気軽に撮影することができます。

手前から奥までピントが合っている風景写真も

ボケさせる時と逆に、
F値を高く(大きい数字)に設定してあげればそれだけで撮影することができます。

Aモードが適していない場面

動いている被写体の撮影はAモードで撮るものではない

Aモードが適してない状況と言うのは、

動いている被写体の撮影

が挙げられます。
例えば、スポーツや動きの激しい動物の撮影をイメージすれば分かりやすいのではないでしょうか。

Aモードはボケ味を調整するためのモードなので、
動いている被写体をブレさせず写真に収めるような設定にすることはできません

そのような早い動きをブレさせないように撮るには、
今回紹介する絞り優先(A・Av)モードではなく、

シャッター優先(S・Tv)モードで撮影することができます。

こちらも同じようにSS(シャッタースピード)を撮影者が設定して、
それに応じてF値・ISO感度をカメラが自動で設定し、適正な明るさで撮影できるモードとなります。

なので動きの少ない被写体はAモード

動きの激しい被写体はSモード

と思っていれば使い分けしやすいかもしれませんね!

余談・・・。

今回はAモードを取り上げ、Sモードについても簡単な説明をしてきましたが、

フィルムカメラの時代にはこれらのモードが一切なく露出に関する事(F値・SS・フィルムのISO感度)を状況に応じて設定していたと思うととてつもなくカメラって難しいものだったんだろうなーと。。。

カメラが難しいという世間のイメージは、過去そのように専門的な知識を多く必要とするモノだった所からなのかもしれませんね。

現代のデジタルカメラはこの2モードが用意されているので本当にカメラを趣味とすることの敷居が低くなっているなと感じます。
AモードとSモードだけで基本的になんでもそれなりに撮れちゃうし。

ありがたい世の中ですね\(^o^)/(笑)

何故DAICHIはAモードを常用しているのか?

僕は本当にスナップから風景撮影まで基本的にAモードで撮影しています。

それには2つの理由があって、

写真の中でも絞り(F値)という、背景をボケさせて被写体を強調することや、奥行きを表現するために非常に重要な事を撮影者自身で設定できることが1つの理由です。
一眼レフらしい写真と言えば、背景がボケボケでピントが合っている所は超鮮明!みたいな写真を僕はイメージしますし、そういう写真が個人的に大好きです\(^o^)/

もう1つの理由は、上記の理由に加え、僕の場合は他のどのモードよりも撮影できる幅が広いことです。

というのは、当然Sモードに変えないと撮影できないものはありますが、
僕は動いている被写体を撮影するよりも、
町並みや風景撮影でも、動きの少ない被写体を撮影することが多いのでAモードを多く使用します。

なので、ひょっとするとスポーツや野鳥を主に撮るカメラマンさんなんかはSモードが常用モードなのかもしれませんね\(^o^)/

僕はこれまで撮ってきた写真の8割以上はAモードで撮っていると思います。
それぐらいAモードに常に設定していますね(^o^)丿

初心者〜上級者まで使えるAモード!使うべし!

どうだったでしょうか。
ボケ味を自在に操ることができるこのAモード。

オートモード等で、全てをカメラに任せて写真を撮っている初心者〜マニュアルで設定もできる知識があるような上級者にも使えるモードです。

初心者の方に関して言えば、
ただダイヤルを回してF値を設定してあげるだけでボケ味を自在に操ることができるので、
簡単かつ、F値を高めてボケを強くすればオートモードで撮れるような全体が鮮明に写っている写真とは明らかな違いが生まれるので、
なんだか撮るのが上手くなったような錯覚を手に入れる事ができます(笑)

難しい事から始めず、このように簡単に設定することのできるAモードなので、
カメラに全てを任せて撮影している状態からのまず1つ目のステップアップとして挑戦するべきモードだと思います。

是非チャレンジしてどういうものか理解してもらえればと思います\(^o^)/

関連記事

【絞り(F値)編】カメラ初心者の登竜門!絞り(F値)、SS、ISO感度を分かりやすく解説してみる!

2018.10.03

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です