【ISO感度編】カメラ初心者の登竜門!絞り(F値)、SS、ISO感度を分かりやすく解説してみる!

この記事の続きです

【導入編】カメラ初心者の登竜門!絞り、SS、ISO感度を分かりやすく解説してみる!

2018.10.02

【絞り(F値)編】カメラ初心者の登竜門!絞り(F値)、SS、ISO感度を分かりやすく解説してみる!

2018.10.03

【SS編】カメラ初心者の登竜門!絞り(F値)、SS、ISO感度を分かりやすく解説してみる!

2018.10.04

絞り、SSと続いて、最後のISO感度!

ISO感度というのは絞り(F値)、SSとものすごく密接した関係です。
今記事では「ISO感度というものがどういうものか」ということだけを説明して、
それがどう 絞り・SS と連動して活かせるのかをまとめ編で書いていきたいと思います。

ISO感度、なんで知っておかないといけないの?

  • 手ブレできない撮影での最終手段

コレに尽きます。後々説明しますよー!

ISO感度って何?

ISO感度の「ISO」とは、

International Organization for Standardization(国際標準化機構)

の略称だそうです。なのでカメラに関わるような意味は特にありません。
ちなみに、「あいえすおーかんど」とも呼べますが、
僕は「いそかんど」と呼んでます。
周りの方と話してても、「いそかんど」と呼ぶ方が多い気がします。

ISO感度の感度というのは、

カメラ内部にあるセンサーが光を感じる度合いを指しています。

ISO感度の数値を、

  • 高めれば短い時間で適切な明るさの写真にすることができ、
  • 低ければ長い時間をかけて適切な明るさの写真にします。

コレがISO感度の基本となります。

ISO感度の数値を増減させても、F値・SSが同じな限りカメラが取り込む光の量は変わりません。
ISO感度を高めることで短い時間で適切な明るさにできるのは、
カメラに取り込む光を、ISO感度を上げることで敏感になったセンサーで、
光を増幅して写真にするので光を取り込む時間が短くても、より明るい写真が撮れるという原理です。

僕的にはこのISO感度はちょっと裏技みたいなモノと思っています。

ここまで読むと、ISO感度なんて高ければ高いほどいいじゃないかと思われるかと思います。
ですがやはり感度を高めることにデメリットもあるんですよね。
次の項目で説明していきたいと思います。

ISO感度の数値を上げるメリット・デメリット

メリット:手ブレ防止の最終手段となる!

カメラでの撮影には付き物の「手ブレ」
その悩みを和らげることができるのがISO感度を高める最大のメリットだと思います。

ISO感度を高めることでカメラ(センサー)が光を取り込む時間が短く済みます。
ということはSSを早めることができて、結果手ブレ防止に繋がるということです。

またまとめ編で詳しく触れたいと思いますが、
このISO感度というものは覚えれば非常にカメラを撮影する上で役立ちます。
将来三脚を使う時にも必要になります。是非覚えていただければ!\(^o^)/

デメリット:上げれば上げるほど画質が劣化していく

唯一にして最大のデメリットですね。
先程述べたように僕はこのISO感度というものはある意味裏技的なものだと思っていて、
やはり強力なメリットの裏には大きなデメリットが存在していますね。(笑)

ISO感度を高めるとカメラのセンサーが光を増幅させて写真にするので、
感度の数値が高ければ高くなるほど、増幅させた分の画質のロスが生まれるので、画質が低下してしまいます。

感度を高めれば高めるほど、写真がザラザラとしたような質感になり、
ザラザラしてるような質感の事をノイズと言いますが、
フィルムカメラのような質感と言えば伝わりやすいかもしれませんね(^o^)丿

ブログに上げる写真や、インスタ、ツイッターくらいの画像サイズならばある程度のノイズは気になるものではないんですが、
印刷や拡大表示をするとやはりノイズが目立ってしまいます。

では、上からISO感度100、6400、12800で撮った写真を見てみまましょう。

 

こう見てみるとどうでしょうか??
あまり違いを感じないのでは無いでしょうか。
何故コレを撮ったのかは謎の限りです。夜中でちょっと脳がバグっちゃってる。(笑)

実際にはISO6400、12800では結構なノイズが発生しているんですが、
自分のスマホや、ラフにSNSに投稿する写真ならばノイズはあまり気になるものではないですね。

しかし、コレを拡大すると、

こんな具合にザラザラとしたノイズが目立ちます。
先程と同じく上からISO100、6400、12800で撮影しています。

こういうノイズがあると、写真を印刷した時や、大きい画面で写真を鑑賞した時なんかは気になるようになってしまうのではないでしょうか。

ISO感度は低ければ低いほど高画質になる

※基本的にこの認識でオッケーです。

ISO感度は低ければ低いほど高画質になります。

数値を高めた時とは違い、時間をかけてセンサーが光を感じるので当然画質のロスが少なくなります。
先程写真を載せた通り、ISO感度が低ければノイズが少なくなりますよね。
なのでISO感度をできる限り低くすることが、
高画質で撮影するヒントになります\(^o^)/

※一部高級機のカメラには拡張ISO感度で50まで下げれる機種もありますが、その場合はISO50よりも100の方が画質は高くなります。
ですが、初中級機はISO感度を100から設定できる機種がほぼなので、あまり考えないでおきましょう。

前回SS編でのまとめの復習

前回、SS編での最後のまとめにて、

「F値オッケー。動いてる被写体もブレていない!SSもオッケー!
ムムム。暗くね?次は暗くなるのかよう!ゔぇーんゔぇーん!」

と悩んでいる方が居ましたね。(自作自演)
このままでは気の毒なので解決してあげましょう。

ISO感度編も読んでくれているあなたはもう分かるでしょう。

F値も納得行くもの。
SSも被写体ブレを防げるスピードに設定されています。

もう簡単ですね。
ISO感度を高めてあげればいいんです。
そこまでの状況が揃っていれば、
ISO感度を高くするか、撮影する状況自体を明るくするかしかありません。

さぁ。次の記事は5部作最終編。まとめ編へ!

ISO感度編いかがでしたでしょうか。
少しややこしい所もあったかと思いますが、

ISO感度を、

  • 高めれば短い時間で適切な明るさの写真にすることができ、
  • 低ければ長い時間をかけて適切な明るさの写真にします。
  • 高めれば高めるほど画質DOWN(低画質)
  • 低ければ低いほど画質UP(高画質)

これだけ覚えていればOKです。

さて、絞り(F値)編、SS編、ISO感度編。
導入編からここまで4記事を書いてきました。

各記事にまとめ、復習を書いていますが、
なんとなーくこの3つは、
互いに補い合う関係性だということが分かってきたのではないでしょうか?

なんとなくでOKですよ。
そんなあなたの為の次記事、まとめ編が存在します。

まとめ編では撮影時に考えるべき順番なんかを、状況を仮定して話していこうと思います。

では、いざまとめ編!鋭意執筆いたします!\(^o^)/(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です